«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 | 14 | 15 || 次へ»

2012/08/11

子供の歯の特徴

お子様の歯は大人の歯に比べてデリケートです
特徴
1 歯の材質が大人の歯と比べて柔らかく 厚みも半分ぐらいしかない
2 むし歯菌に対して 大人の歯より弱い
3 むし歯の進行がが早く あっという間に神経まで達してしまう
4 乳歯は同時に何本もの歯がむし歯になりやすい
乳歯について詳しくはこちら
さらに困った事に乳歯のむし歯は見つけにくい!!
乳歯のむし歯ではかなり進行してもあまり痛みを訴えない事が多いからです
そのわけは?
・乳歯のむし歯は進行が早いので神経が死んでしまうのも早く痛みを感じる期間が短い
・子供は遊びなどに夢中になると痛みを忘れる
・小さい子供では痛みを言葉で表現する事が難しい
お子さまのむし歯はまわりのサポートが大切です

2012/08/11

過剰歯について

「乳歯が抜けたのになかなか出てこない??」
「反対側の歯が生えているのに生えてこない??」
「年齢的に出てくるのがおそすぎる??」
などのお悩みを持っている親御さんは多く 意外と思い過ごしの場合が多いのですが積極的に処置をしたほうがよいケースに過剰歯があります
今回はこの過剰歯についてご説明します
過剰歯とは、永久歯が決まっている数以上に存在する歯のことです。
最も多いのは、上あごの前歯の位置にできる正中過剰歯です
大きさ(多くの場合他の歯より明らかに小さい)や形態等から見た目で過剰歯とわかるものが一般的ですが稀に普通の歯とほぼ同じ大きさや形態を持ちどれが過剰歯かわからないこともあります
曲がって萌出したり他の歯を圧迫するなどして歯並びを悪くする原因となることが多くこの場合には抜歯の対象となります
口腔内に萌出せずに歯肉や顎骨内にとどまることもあり たとえ萌出しなくても既存の歯の根に影響を与えることもありこのような場合は抜歯が必要になります
ただし骨内に留まっている場合抜歯は難しいものになる傾向にあります
永久歯が片側だけ出てこないのが心配という事で来院されました
レントゲンで確認させていただきました
そうするとレントゲンの中央部に反対に向いている過剰歯があり永久歯が出てくるのを邪魔していました
反対に向いていて 深い場所に位置していたので大変でしたがきれいに抜歯できました
外科処置ですから親御さんも大事なお子様で心配されたと思います
そしてこれが抜けた歯です
非常に大きい歯でした
頑張っていただいた患者様おつかれさまでした
これで一安心です

2012/07/30

歯周病治療の方針

すまいるデンタルクリニックは歯周病治療を衛生士を中心にがコントロール 御指導 清掃させていただいています
経験数などに関係なく常に空いた時間には各自トレーニング行っています
すまいるデンタルクリニックでは歯周ポケットの掃除の際必ず行っていることがあります
それは
ルーペを装着して照度(明るくなることでより歯石が確認しやすくなります)あげてお掃除します
肉眼で処置するより良質です
このように医師がルーペを使用している病院は多いですが全ての衛生士まで使用している病院は少ないと思います
今では治療の質がより良くなるように手放せないといってくれます
「患者様のためを」をコンセプトにしておりますので大変うれしく思います
そしてもう一つ大事にしていることは伝える力です
患者様にご理解いただいてこその治療です
治療がよいだけではいけません
患者様によりわかりやすい説明や指導ができるようにレポート作成などおこない知識をふやしコミュニケーション指導をしています
私はスキルアップしているか? モチベーションが下がってないかなど細かくチェックしています
もちろん私も使用します
通常2.5倍程度を使用しますが私の場合は3倍 5倍使用し 場合によっては マイクロスコープで24倍まで使用することもあります
すごい世界があります

2012/07/24

お掃除道具の選び方!!(第2回歯ブラシ編)

今回は歯ブラシです
コンセプトは歯ブラシをしたときの道具の効率の良さでお話したいと思います
現状一番優れている歯ブラシは? といわれると間違いなく音波ブラシです
(私はソニックケアを使用しています)
気をつけていただきたいのは使い方です
手動の歯ブラシと磨き方が違います
良いものでも使い方を間違えると宝の持ちぐされです
ぜひ電動ブラシの場合は説明書を読んでください
時間をかければ手持ちの歯ブラシでも良いと思います
ブラシの形状のおすすめは 極細の毛が混ざっていて ヘッドはコンパクト 毛の硬さはふつうです
もちろん患者様の好みがありますので一概にこれだ!!といういう訳ではありませんが
清掃性が高い組み合わせだと思います

2012/07/19

お掃除道具の選び方!!(第1回歯みがき粉編)

日々の診療で「どんな歯ブラシ 歯磨き粉を使うとよいのですか?」というご質問を受けます
当院で販売させていただいているものは私自身必ず使用してみてよいものだけを販売させていただいています
今回から何回かに分けてお掃除器具の選ぶポイントのお話をしていきたいと思います
第1回は「歯みがき粉」編です
歯磨き粉も現在勤務中 プライベートでいつも新製品が出れば取り寄せ使ってみて患者様によいものがないかと自身で試しています
ですからいつも3~4種類の歯磨き粉を使い分けている状況です
結論から申しますときっちり磨いていればそれほど患者様の感覚でわかるほどの差はないと思います
ご自身で気を付けたいお口の中の病気(たとえば虫歯 歯周病)をうたっているものを購入していただく程度でよいかと思います
ただし知覚過敏の場合は専用の歯磨き粉を使っていただくと効果が出やすいと思います
最近歯間ブラシ用の歯みがきジェルも使っているのですがなかなか良さそうです
また使用して良ければ皆様にもご紹介したいと思います
当院で販売しているケア用品はコチラから
次回、予告「歯ブラシ編」です

2012/07/14

ウォーキングブリーチ法(神経を取った歯のホワイトニング)

神経がなくなり(失活歯)変色してしまった歯も内側から漂白することができます
歯の内側に穴をあけます そこから神経があった空洞に漂白剤(過酸化水素)をいれ 仮蓋をしておきます
これを数回(3から6回くらい)くりかえすことによりホワイトニングの効果を得ることができます
漂白が終了したら最初にあけた穴に詰め物をして終わります
注意
・変色の程度により漂白効果が得られるのに個人差があります
・生活習慣(タバコ)食生活(ワイン コーヒー)などで後戻りする期間が異なります

2012/07/10

エアースケーラー

通常 歯石をとる時 「超音波スケーラー」という機器でお掃除をしていきます

しかし 欠点があり ペースメーカーを入れている患者さまは誤作動の可能性があり使用できません

そこで影響のない歯石とり機器があります
「エアスケーラー」といいます
空気の力で動かすのでペースメーカーの方でも問題ございません
一例ですがこのようにどんな持病をお持ちの方でも何かしらの方法できっちり治療はできます
体調が心配で治療できなかった患者さま 怖くて逃げていた患者さま 是非ご相談ください
早期発見 早期治療が患者さまにとって楽で優しい治療につながります

2012/07/08

計画停電についてのお知らせ

現在 関西電力さんより万が一の計画停電のエリア通知が各ご家庭にも届いているかと思います
その結果当院の地区では計画停電を行わないと通知がありました
この夏 通常どおり診療ができ 不安なく患者さまへの医療を提供する事ができるようです
ただし計画停電の地区に該当するところもあると思いますので計画停電が少しでも実地されないよう
もちろん節電には協力していきたいと思います

2012/07/07

3DSについて

今回は前回予告させていただいていた3DSという治療法についてお話したいと思います
歯周病は一度感染すると治りません 歯周病治療はあくまでその状態を維持 安定させることのみしかできませんでした
お口の中にいる常在菌(3歳ころまでに決まります)の分布を変える事ができないためです
3DS法は現状常在菌の中の歯周病菌を殺菌しもう一度細菌の構成を変えてしまおうというのが目的です

効果は半年ほど持続します 歯周病治療に加えると大きい効果が得ることが証明されています
気を付けていただきたいのは歯周病の治療の応用になりますので基本の歯周病治療のコントロールがなければ意味が
ありませんのであくまで併用を考えてください
3DSの流れはこちらから

2012/07/03

3DS講習会にいって参りました

7月1日(日)に診療のお休みを頂いて3DSという新しい歯周病予防の講習会に行って参りました
これは1年前から始まり 今回の講習で鶴見大学の全国の3DS認定施設となる締めくくりの会でした
とてもいい治療法で当院でもスタッフ中心に広めていきたいと思います
詳しくは次回にご説明したいと思います
«前へ || 1 | 2 | 3 |...| 11 | 12 | 13 | 14 | 15 || 次へ»
お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセス方法

すまいるデンタルクリニック

大阪市西淀川区佃3-6-17-1F
阪神電鉄本線千船駅より徒歩1分