«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 12 | 13 | 14 || 次へ»

2015/05/31

歯とお口の健康週間 準備中にて思うこと!!

現在マネージャーとスタッフが健康習慣のイベント準備中
スタッフも治療の合間をぬって
とても大変ですがイベントを重ねるたびにおもてなしの心が成長しているのがわかります
マネージャーに至っては
仕事 育児 家事まで完璧にこなし助けてくれています(私よりも確実にハードワークでストイックです) 一人で経営ができていない未熟さと自分は様々な人に支えられていることを実感させられます
自分に与えられた業務を着実に行いこんな自分を頼ってくださる患者様と自分を支えてくれている様々な方々への感謝の気持ちを示してまいります

2015/04/21

フリーダイヤルでもご利用いただけます

平成27年4月21日より当院の連絡先をフリーダイヤルに変更させていただきました
患者様のお電話の通信料を軽減するためです
ホームページ 診察券 定期検診のおハガキ 印刷物など修正に時間がかかり遅くなりました
まだ看板等変更できていない部分もありますが随時変更していきますのでしばらくお待ちください
患者様に混乱が起こらないよう以前の電話番号も引き続き変わらずご利用できます
(フリーダイヤルのルール上 一部のIP電話などからはご利用できないようです)
なお 当院からのご連絡時 患者様への着信通知はフリーダイヤルになっておりますので重ねてご対応お願いいたします

2015/04/13

歯ブラシ指導!!

お子さまの歯ブラシの仕方を教えてほしいとお願いされる事があります
もともとできていないためのご依頼ですので基本的には一度で分かってくれるもしくはできるようにはなりません
何度かの通院が虫歯でもないのに必要です
でも親御様はお子様が診療室に行って 帰ってきて何をしているのか 効果があるのかもわかりません
当院の歯ブラシ指導は独自の方法でお子様に目標を設定し 上手にできるようになるまでの過程もお伝えできるように
結果をお渡ししています
20%台を目標に行っています(もちろんもっと低いほうが良いですが・・・)
できるような技術はお伝えいたしますので集中して歯ブラシをする環境(テレビを見ながらなどをさけてください)チェックと来院の付き添い 親御様のご協力をお願いいたします

2015/04/01

矯正のタイミングについて

当院では矯正も行っております
一般診療でもよくご質問を受けるのですが矯正の確定診断ができる時期は
永久歯の2番目の歯生えてきた時(上記イラスト)がおすすめタイミングです(反対咬合<受け口>だけは該当しません)
矯正相談も行っておりますので矯正を考えている方はお申し付けください
当院の矯正ページですご参考にしてください
小児矯正はコチラから
成人矯正はコチラから

2015/03/14

ご予約の対応について(3)

ご予約対応の際今後 できる限りスムーズな対応を心がける上でお電話対応にきめ細やかさがなくなれば意味がありません
そう考えるとお電話が長くかかる事が避けられない場合があるのも事実です
その点も考え当院ではフリーダイヤルに変更手続きを行っています
万が一お待たせする事があっても通話料を当院で負担する事で少しでもご理解いただけるかもしれません(これでも許していただけない事は承知しております)
変更が終わりましたらできる限りホームページや診察券 院内掲示などで広く患者様にお伝えいたしますが既存の電話番号も使用できる体制をとらせていただき患者様に混乱が生じないようにいたします
今しばらくお待ちください
ご満足いただくサービス 診療につとめて参ります
今後ともどうぞよろしくお願いいたします

2015/03/11

ご予約の対応について(2)

ご予約がスムーズに行えるように考えた改善策のお知らせさせていただきます
下の写真は患者様に送らせていただいている定期検診のお知らせのお葉書です
今回から宛名の横に患者様番号を記載させていただきます
お電話の際この番号も加えてお知らせいただくとパソコンでの患者さま検索時間が必要なくなりますのでカルテのチェックまでのお時間が短くなると考えております
先月のお知らせにはまだご対応しておりませんが診察券にも患者様番号は記載しておりますのでお分かりになる場合は教えていただけますでしょうか?
どうぞ宜しくお願いいたします

2015/03/10

ご予約の対応について

プロジェクトマネージャーのブログのコメントにご予約の電話対応が長いと患者様のご指摘を受けました
その夜 プロジェクトマネージャー 受付と連絡をとり応急処置にはなりますが 一定期間ベテランのスタッフのみの電話対応とする事になりました
お話をいただいた事での問題点と改善をご報告いたします
まず当院のご予約体制ですがこのようになります
お電話をいただく
患者様のカルテ番号を調べる
↓(お電話保留)
カルテを探しその方に・マザーズサポートの有無・車いすでないか・同姓同名の方がいないか・指名のスタッフがいないかなど診療の上で我々が注意する事を確認します
↓(お電話保留)
受付で対応できない場合は院長に確認
↓(お電話保留)
その上でご希望の日時をお聞きしご予約を取らせていただく(ここでご都合があわなければ何度か変更のやりとり)
当院では患者様お一人お一人に合わせたきめ細やかさなおもてなしを目標にしていましたのでいまだにこのようにアナログな対応になっております
確かに患者様ご指摘の通りいくら正しい応対であっても時間が長かったり 保留が多ければ不快なお気持になるかと思います
これは院長のおもてなしの精神の欠落です
申し訳ありません
プロジェクトマネージャー 受付の意見をもらい対策を考えました
患者様のお電話に対するご希望やお口の中の状況の問診は端折る事はできないためまずはこの保留時間 回数をなるべく少なくなるようにスタッフ全員で連動しご予約に対応させていただきます
他にも対策を考えておりますが取り急ぎ患者様へのお電話時間削減対策とさせていただきます
言いにくいことをご指摘いただいた患者様への感謝申し上げます
また言えずに我慢するしかなかった患者様にも病院代表としてお詫び申し上げます
よりよいおもてなしができるようスタッフ一同努めてまいりますので今後ともどうぞよろしくおねがいいたします

2015/03/04

当院の医療 サービスに対する思い(3)

サービスの質に左右するもの
それは「人」です
私やプロジェクトマネージャーの人間性はもちろんのこと(とは言ってもまだまだ未熟で成長が必要ですが・・・)当院を支えてくれるスタッフ全員の成長や患者様への思いが病院を形成します
当院のスタッフ指導は日々の朝礼 月一回の全員ミーティングはもちろんのこと マナー講座や書道教室
(これはプロジェクトマネージャーがスタッフに社会人としてのマナーの習得も考慮しながら学ぶ場を考えたそうです)などで行います
もちろん楽しいだけでなく細かく指導されたりしますが現状 皆 頑張ってくれています(褒めすぎると現状に満足して成長を止めてしまうかもしれないのでこれくらいに・・・)
プロジェクトマネージャーは伝える力があり皆しっかりと規律を守る姿勢が伺えます
そして指導するプロジェクトマネジャーは厳しくも正当性があるため説得力があります
マネージャー曰くスタッフが当院をやめる時がこの先あっても 働いてくれていることに感謝し 次の職場で評価されるような社会人としてのマナーをつけてあげたい そのためには自分がお局のように煙たがられることも覚悟の上だそうです!!)
こんなことをブログで書いていると自分が患者様やプロジェクトマネージャー・スタッフ 家族 業者様に助けられていることを痛感させられます
・・・私は治療しかしていない!!(焦り)
仕事も自分は大好きで多くの人に支えられているこの幸せに甘えぬよう 己に厳しくをモットーにこれからの診療に臨もうと思います
長々と3回にわたりブログを読んでいただいた方に感謝いたします
今後ともどうぞよろしくお願いいたします

2015/03/03

当院の医療 サービスに対する思い(2)

前回は当院のサービス企画 患者様への接遇などを担当する プロジェクトマネジャーの紹介をさせていただきました
当院のサービスの精神
私がプロジェクトマネージャーのサービス 企画 おもてなしの精神で素晴らしいと感じていることがあります

それは全てに「あたたかさ」があることです

決して格好つけたりせず 患者様を家族のようにおもてなしできるように日夜考えているようです
スタッフ教育 イベント 接遇 ホームページ製作などを見ていただくと共感していただけると思います
(いろいろありますがプロジェクトマネジャーがほぼ自分で監修しましたページはこちらから
アットホームな医院とは医師が患者様に対して慣れ慣れしい医院ではなく 患者様を家族のように迎え診療を行う医院だと考えています
サービスと診療はセットですから私の診療にもこのあたたかさが感じれなければなりません
技術ももちろん大事ですがそれはよくて当たり前!!です あたたかさが加わることで最高の技術になると考えています

2015/03/02

当院の医療 サービスに対する思い(1)

当院は「自分たちが通いたい病院を作ること」を目標に日々診療を行わせていただいています
そして開業当初サービスと診療の両立が必要だと考えていました
結果今思えば 当時私だけでは両立していませんでした
ある日を境に 私の妻がその仕事を引き受けてくれました
当院が他医院様と違う自慢それは「プロジェクトマネージャー」がいる事です
私の妻なのですが仕事ではプライベートの関係とは全く違い 患者様への対応などが間違っていれば注意されます
もちろん私ができなければいけないことなのですが現状は助けてもらっている状況です
独立した立場患者様の立場に立ってサービスや対応に徹底してくれています
そのおかげで長くおつきあいしていただく患者さまが少しずつですが増えました
マザーズサポートやHPなどは専門職ではない一般の方目線で考えてくれたサービスです(恥ずかしながら頼っています)
患者様に対する仕事の素晴らしさおもてなしに敬意を払っています
その力を借り現在に至り歯科医師として思うことは

「医療はサービスとおもてなしが全てだ」

ということが結論です
理由は 治療に良し悪しをつけることが間違いなのです
できて当たり前の前提で患者様は通院していただいているのでないでしょうか?
もちろん保険治療などは器具や材料に制限がございますのでそう意味で望みたい 望みたくない治療で言われるとあるのかもしれません
これは同業者の世界でよく議論されていますが患者様からするとぞっとするのではないでしょうか?
「専門職ですからできて当たり前 そのために学校へも行ったんでしょ!!」普通かんがえますよね
ですから当院では診療に関しても新しい治療や設備も患者様に喜んでいただけるよう力を入れていますがサービスに趣を入れています
その担当である当院のプロジェクトマネージャーは専門職として脚光を浴びていいくらい 患者様のことを考えている自慢のスタッフです
私自身も自分を高め治療と共に良いサービスをご提供できるよう心がけてまいりますのでどうぞ宜しくお願いいたします
今回からこの思いを何度かに分けさせていただいてブログを書かせていただきます
«前へ || 1 | 2 | 3 | 4 |...| 12 | 13 | 14 || 次へ»
お電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • アクセス方法

すまいるデンタルクリニック

大阪市西淀川区佃3-6-17-1F
阪神電鉄本線千船駅より徒歩1分